読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
SOSの猿(伊坂幸太郎)
SOSの猿
SOSの猿
posted with amazlet at 10.07.02
伊坂 幸太郎
中央公論新社 (2009-11-26)
売り上げランキング: 15367
おすすめ度の平均: 3.0
2 がっかりした
2 エクソシストと猿と調査員
2 ミステリの要素も少なく初期の伊坂作品と比べると物足りなかった
5 大人的寓話
3 試験的な作品




読売新聞で連載してたやつ。

「救急車のサイレンが鳴っているとき、
どこかで誰かが痛い痛いって泣いているのよ」(本文より)



私はこの本を読んではじめて、「メサイア・コンプレックス」という言葉を知りました。


誰かが困っていたら、
行って、助けてあげなければならないような気がしてしまう、
でも結局何もしてあげられない、
そのジレンマに悩む……というもの。
うむ……。

お話自体は、ちょっと不思議系なかんじでした。
むずかしくてよく分からない部分もあった!(猿って、けっきょくなんなのだー)
「孔子ちゃん・孟子ちゃん」とか、ちょこちょこ面白い部分もありました。
(「せせらぎ」的なジョークですね)

さいきんの伊坂作品は、ちょっとむずかしっぽいなぁ。



おすすめ度
☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:1   [伊坂幸太郎]
七つの死者の囁き(アンソロジー)
七つの死者の囁き (新潮文庫)
有栖川 有栖 石田 衣良 鈴木 光司 小路 幸也 吉来 駿作 道尾 秀介 恒川 光太郎
新潮社
売り上げランキング: 91275
おすすめ度の平均: 5.0
5 お得感満載の短編集
5 いろいろと楽しめるお得な一冊
5 1粒で7度おいしい
4 死者と生者の声
5 「流れ星のつくり方」――《真備》シリーズの短編



ホラー短篇集。
この作者のラインナップのなかで、
石田衣良さんだけ浮いているような気がするのは気のせいでしょう(笑)。


鈴木光司さん、やっぱりホラーうまいですね。
ぞっとしました。

小路幸也さんの「最後から二番目の恋」バクの話でした。
(気に入ったのでリライブ読みます!)


その中の、お父さんについての言葉で、ちょっといいセリフがあったので抜粋。

「ちゃんと働いて、ちゃんと真理恵を育ててきた。そういうことをきちんとできるってことがあたりまえなんだけど、
普通だからつまらなく見えるかもしれないけど、普通にあたりまえのことができるのが、いちばん大切なんだよ」(本文より)


父の日になんかあげようと思いました(笑)。



おすすめ度
☆☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [アンソロジー]
容疑者Xの献身(東野圭吾)
容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 2209
おすすめ度の平均: 4.0
3 東野圭吾が描く男の人って、一途な人が多いなぁ
5 単なるミステリーではない
5 不思議なバランス
2 東野ファンだけど、代表作にしてほしくない
4 ちょっと無理があるかな?




ミステリだけど、恋愛小説。

読者は、犯人を最初から知っているんだけど、
キーとなるトリックは、最後の最後に明かされる。
最後は、謎がとけてスッキリけど、同時に、せつなさやこわさを感じて、
うおおおってなりました。

「人は時に、純粋に生きているだけで、誰かを救っていることがある」(本文より)
純愛、いいねえ。


あ、石神が堤真一なのは、かっこよすぎるのではないかと思いました(映画版)。
私は映画版より、小説のほうが好みでした。


クールなガリレオ先生が、友人のために苦悩する姿はちょっと萌えます(笑)。



おすすめ度
☆☆☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [東野圭吾]
パレード(吉田修一)
パレード (幻冬舎文庫)
吉田 修一
幻冬舎
売り上げランキング: 2258
おすすめ度の平均: 4.5
4 下手なホラー作品より、よっぽど怖いです
5 ある意味で当たり前のテーマ
5 こわい話の意味。
3 びっくりした
5 良作




わたし、吉田修一さん、はじめて読んだのでした。
面白かったです!

東京のアパートで集団生活している、友達、のような男女4人。
そこに男娼をしているサトルが加わって……。

近すぎない、離れすぎない、微妙な距離感。
お互いの針で、相手を傷つけないようにしている、「ヤマアラシのジレンマ」みたい。

途中まで、
むしろ楽しく、なんとなく幸せなきぶんで読めるのですが、
最後の最後で、すうーっと恐さが……。

5人の男女によって語られるのですが、この順番も大事だったのかー、
うまいなぁーと思いました。




おすすめ度
☆☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
あるキング(伊坂幸太郎)
おひさしぶりです、しばらくお休みしてましたが、
ブログ再開します。




あるキング
あるキング
posted with amazlet at 10.07.02
伊坂 幸太郎
徳間書店
売り上げランキング: 21087
おすすめ度の平均: 3.0
1 前衛的すぎ
2 どうした、伊坂幸太郎?
4 これもまた伊坂ワールド
2 騙されました
4 納得の作品



天才野球少年=キングの話。

一言でいうと、伊坂さんっぽくない!
いい意味でも悪い意味でも、だと思う。
アマゾンレビューみたら、だいぶ好き嫌いが別れているかんじ。

最後のネタ晴れが、すかっといかなかったので、
正直あまり好みではありませんでした。
野球あんまり分からないしなー。


あとから、
「誰も読んだことのない伝記を書いてみました」という伊坂さんの言葉を読んで、
あー伝記だったのかぁ、と知りました。
はじめからそう思ってよめばよかったかも。




おすすめ度
☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [伊坂幸太郎]
back | HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。