読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
よもつひらさか(今邑彩)
よもつひらさか (集英社文庫)
今邑 彩
集英社
売り上げランキング: 131982
おすすめ度の平均: 4.5
3 雰囲気はよかった…
4 タイトルに惹かれて
5 これはすごい作家だ
5 粒揃いの短編集
5 繊細でファンタジックな描写と戦慄の結末の同居


不思議で怖い短篇集
とくにすごかったのは「ささやく鏡」。

未来を映し出すという鏡に、くぎづけになってしまう女の話だ。
確かに、そんな鏡があったら、私だって覗かずにはいられないと思う……。

表題にもなっている「よもつひらさか」も素晴らしい。
なんというか、文字だけで、
雰囲気を出せるというのがすごいなあー。

けっこういつまでも胸に残る。

今度は彼女の長編が読みたいなー。


おすすめ度
☆☆☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [今邑彩]
鬼(今邑彩)
鬼
posted with amazlet at 08.11.16
今邑 彩
集英社
売り上げランキング: 34054
おすすめ度の平均: 5.0
4 サクサク読める
5 内容は勿論、装丁や挿画もグ〜!!
5 やっぱりいいですね。
5 やり場の無い気分
5 危うい心の隙間に滲み出てくる黒いもの



はじめて今邑彩さんの本読みました。
1話15~20分くらいで読めるお話が、8話収録。
どのお話も、うそ臭くなく、恐ろしく、感心した。

けっこういっぱい本出してるみたいなので、
色々読みたい。
ルンルン。



おすすめ度
☆☆☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [今邑彩]
back | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。