読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
雷の季節の終わりに(恒川光太郎)
雷の季節の終わりに
雷の季節の終わりに
posted with amazlet at 09.11.01
恒川 光太郎
角川書店
売り上げランキング: 189204
おすすめ度の平均: 4.5
5 風わいわいに誘われて
5 本当美しいが似合う
4 急ぎ足の後半が惜しい
4 引きずり込まれる
5 風わいわいに魅了された



前作「夜市」が気に入って読みました。
そしたらこちらも気に入った。

日本とは違う空間に存在する、「隠(おん)」という土地、
黒い神秘的な鳥「風わいわい」、


名前のセンスもいいよなぁ。
「風わいわい」「ナギヒサ」「トバムネキ」って……
むかーし日本に神様が住んでいたところみたい。

「ありがちなストーリー」じゃなくて、
「ありそうでないストーリー」でもなくて、
「ふつうに思いつかないストーリー」。

作者は幼き頃ものすごい妄想癖だったのでは……。
どういう本読んで育ったんだろう。とか思っちゃう。
面白かったです。


おすすめ度
☆☆☆☆



スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [恒川光太郎]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/88-8788efd4
ガラスの麒麟(加納朋子)| HOME | ゆれる(西川 美和 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。