読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
変身(東野圭吾)
変身
変身
posted with amazlet on 07.09.08
東野 圭吾
講談社 (1994/06)
売り上げランキング: 8514
おすすめ度の平均: 4.0
4 自己の崩壊
4 人格の変遷と主人公の葛藤が読み応えあり
4 人間の生命倫理的なテーマ



脳手術を受けたことによって、
人格が変化してしまう主人公の苦悩を描いている作品。

たとえば、かわいいと思っていた恋人のソバカスを、手術後の主人公はこう思うのだ。
「このソバカスがなければいいのに……」
変わっていく主人公を見て、不安になる彼女の様子も上手に描かれていた。

「我々の知りうる限りの生命反応がすべて消えたとしても、
人間は密かに、全く想像もしない形で生きているかもしれないのだ。」(本文より)


自分とは何ぞや?
生とは? 死とは?
医師のすべきこととは?

本当にこういうことありそうで、興味深かったです。

スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/79-08857271
デッドエンドの思い出(吉本ばなな)| HOME | 3分間で夢をかなえる魔法の方法/相手の心を絶対離さない心理術(ゆうきゆう)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。