読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
ドアD/xゲーム(山田悠介)
ドアD
ドアD
posted with amazlet on 07.05.27
山田 悠介
幻冬舎 (2007/01)
売り上げランキング: 90911
おすすめ度の平均: 1.5
1 これ本にすべきでない
1 これって……
1 山田ファンだけど・・・・


×ゲーム
×ゲーム
posted with amazlet on 07.05.27
山田 悠介
幻冬舎 (2004/08)
売り上げランキング: 49338
おすすめ度の平均: 2.5
1 小説とは?
4 人間という生き物の本当の怖さを感じました
1 噴飯もの


ア、アマゾン評価低いですね。ちょっとビックリ。
山田悠介、初めて読みましたー。

どちらも2時間くらいで読めました。

☆☆☆☆

ドアD。
(アマゾン評価にも載ってるけど)映画のキューブみたいと思った。
キューブを見てなかったらもっと楽しかったのかな?

ひとつのドアを開けるために、誰か一人が死ななくてはならないというお話。それで、次々ドアを開けて行って、最終的にひとりが残るというわけ。

その過程で、自分が助かるために、仲間を殺そうとしたりだとか、好きな人を全力で守ろうとするだとか……そういったドラマを挟んでいる。(あ、ちょっとバトロワっぽい?)

自分がこういう事態になったら……、という想像力は働かなかったけれど(だってありえないだろうから)、
一気に読めて二時間楽しかった。
ホラーなんてそれでいいのでは?

☆☆☆

xゲーム。
英明はマリコに、罰ゲームで告白した。
そしたらマリコが本気にして、ストーカーになってしまった、という話。

ストーカーっていうか、完全に狂ってしまっていて、
英明の周りの人を殺していったり、拷問したりすんのだ。
その拷問シーンがグロかった。
一瞬読むのやめようかと思いました……。

しかし、英明の彼女に対する拷問は、たいしたことがなくって「ハテナ?」って感じ。

「昔のいじめっこ」は殺すのに、「好きな人の彼女」は墨汁&ゴキブリで終わり??
なんかそのへんが……ちょっと納得できない。
それに、マリコが人殺しをはじめたきっかけもよく分からない……。
顔みたら急に殺したくなったのかしら……?

ラストはちょっと意外でした。
そうかーそうきたかーという感じ。
ちょっとはマリコにも救いがあるのかな~。と思う。

イチバン狂ってるのは、誰かっつーハナシだわ。
これ、主人公マリコだったら、また違う感じの面白い作品になると思うんだけど。



スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/60-043e844b
石川くん /君になりたい| HOME | ナ・バ・テア/ダウン・ツ・ヘブン/フラッタ・リンツ・ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。