読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
はじめての文学 村上春樹
はじめての文学 村上春樹
村上 春樹
文藝春秋 (2006/12/06)
売り上げランキング: 21019
おすすめ度の平均: 4.5
4 特に沈黙がいい
4 現代に生きる。
5 軽いノリで楽しんでいたところが、ラストふたつの短篇で・・・


文藝春秋の「はじめての文学」シリーズ、その一。
村上春樹。

これは、著者自らが選んだ、若者のための短篇集。
9つの短篇と、8つのショートショートが入っています。

とくに私のお気に入りは「鏡」「とんがり焼きの盛衰」「沈黙」「かえるくん、東京を救う」です。

☆☆☆

かえるくんは、緑色で、大きくてキュートです。
(「かえるさん」と呼ぶと、「かえるくん」と人差し指を立てて訂正されます。)

直下型の東京大震災を救うべく、かえるくんは、強大なみみずくんと戦います。
おかげで、地震は起こらなかったので、誰も、そんな戦いがあったことすら知らない。かえるくんが、ひとりひっそりと傷つくだけです。

☆☆☆

「ノルウェイの森」あたりを読んで、
村上春樹はちょっと理解不能……と思っていたあなた!
(昔のあたしだよー)
あなたでもじゅうぶん楽しめますよー。

村上春樹のイメージくつがえされること間違いなしです!
本当にいろんな文章書く人ですよねー。
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:2   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
おー!かえるくんですかヽ(^o^)丿
僕も大好きです☆
最近はレイモンド・チャンドラー著、村上春樹訳の「長いお別れを」読んでますよ。
まだ途中ですけど、面白いです。
by: ハナ | 2007.04.19 00:10 | URL | edit
こんにちはー。
そっか、ハナさんは村上春樹お好きでしたよね。

英訳かぁ。
おんなじ意味の言葉でも、英語と日本語では、すいぶん印象がかわってくるんでしょうね。
しかも村上春樹流の翻訳ですからね。
言葉って不思議だー。
by: はるみん | 2007.04.28 09:54 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/52-966bbe95
削除ボーイズ0326(方波見 大志 )| HOME | 牛丼屋夜間アルバイト(小野 省子)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。