読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
牛丼屋夜間アルバイト(小野 省子)
続けて詩を紹介。

牛丼屋夜間アルバイト
小野 省子
本の森 (2001/09)
売り上げランキング: 438764
おすすめ度の平均: 5.0
5 ほっとしたい方に
5 イチオシ!!!!



果物や花々の匂いがする液体
クラッシックやオルゴールのCD
巨乳で童顔のアイドル
死なない手のかからないペット
そういうものに

私は癒されない

説教臭いしたり顔の言葉
感動するために作られた映画
小さな生暖かい子供の手
そういうものにすら

私は癒されない

暗闇の中
枕元の時計が
秒幅に私を刻む
だから私は金曜の夜にしか
うまく眠ることができない


☆☆☆

さぁ、今日は金曜ですよ!!
今夜くらいはちゃんと眠って!!

☆☆☆

私が好きなのは、
「説教臭いしたり顔の言葉
感動するために作られた映画

に癒されないっていうところ。

なぜなら私もそうだから。
「いい言葉集」みたいなのが苦手なの。
なーんか信じられん。むずがゆくって。

言われた人とか、状況とか、
そういうの飛び越えて、言葉だけ並べるなんて、
安易だしうすっぺらなんじゃなくって?

「泣きながら、一気に読みました」って、セカチュウのオビ見たときも思った、(このオビは確か柴崎コウが書いたんだ)
みんな、よっぽど泣きたいんだなって。
自分と関係のないところで、感動して泣いて、
スッキリしましょうって……それって、文学?(文学なんてよく知らないけれど。)

っていうよりアレみたいだよね。酸素バー。
コンビニで売ってる……アレ商品名ちがう?
エアダスターみたいな……酸素吸う、ボンベみたいなの。

ああゆう感じの本のほうが求められてるし、売れるんだろう。
実際、うちの姉も「いい言葉集」みたいなのが好きだ。
人の好みなんてホントそれぞれなんだけど。

☆☆☆

でも私には、こういう詩のほうがピンとくる。
明るくないし、ひねくれてるけど、そこが好き。

一箇所でも共感できるとこあると、
「ああ、私もこっち側の人間だ……」ってなんかホッとする。
なんか、ちょっと作者と友達みたいな気持ちになんの。
実際はぜんぜん知らない人なんだけど。
それこそ安易かもしれないけれど。

せっかくだからもう一個、本文からキュートな詩を届けます。

☆☆☆

妹が
まだとても小さかった頃
ずっと鏡を見ていたから
何してるのと聞いたら
うふふと笑う練習と言った
本の中のお姫様は
みんなうふふと笑うのに
私はあははとか
ひゃひゃひゃとしか笑えないのと
悲しそうに言った

何だかおかしくて
あの時バカにしちゃったけど
ごめんね
鏡にむかって髪を気にしていたら
もしかしたら私
一生懸命うふふの練習
してるのかなって
そんな気がした
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [詩集・短歌集]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/49-98a002a3
はじめての文学 村上春樹| HOME | パンプルムース!(江国香織)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。