読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
斜陽(太宰治)
読書感想文。
こういうの書くと私のバカさがバレるなぁ。

斜陽
斜陽
posted with amazlet on 07.02.21
太宰 治
集英社
売り上げランキング: 243930
おすすめ度の平均: 4.0
4 日本文学の必読本
5 落ち行く日は太宰にふさわしきスポットライト
3 落ちてゆく旧華族


久々に再読いたしました。「斜陽」。
太宰の中で、いちばん好きな作品です。

文章、美しい。ちょーエレガントー。
酔います。
読んだあとは言葉使いが丁寧になります(笑)。
「~ですわ」とか話したくなる。(笑)

文章の美しさもこの作品の好きなトコなんだけど、
もう一個。
オンナの、強さ。
これがもう、胸を打ちます。すごいです、かず子。

☆☆☆

一回会っただけの人を、ナゼだか、ものすごーく、好きになってしまうこと。
オンナは、四六時中誰かを思うことが可能らしいです。


私たちは、地下室の暗い階段をのぼって行った。一歩さきにのぼっていく上原さんが、階段の中頃で、くるりとこちら向きになり、
素早く私にキスをした。私は唇を固く閉じたまま、それを受けた。
べつに何も、上原さんを好きでなかったのに、それでもその時から私に、あの「ひめごと」ができてしまったのだ。
かたかたかたと上原さんは走って階段を上って行って、私は不思議な透明な気分で、ゆっくり上って、外へ出たら、
川風が頬にとても気持ちよかった。



かず子は、上原を好きになって、手紙を書きます。
事情があって、直接会いに行けないので、手紙という手段しかないのです。

しかし、返事は来ません。
かず子は、上原からの手紙を待ち続けます。

☆☆☆

待つ。ああ、人間の生活には、喜んだり怒ったり哀しんだり憎んだり、いろいろの感情があるけれども、
けれどもそれは人間の生活のほんの一パーセントを占めているだけの感情で、あとの九十九パーセントは、
ただ待って暮らしているのではないでしょうか。
幸福の足音が、廊下に聞こえるのを今か今かと胸のつぶれる思いで待って、からっぽ。



恋愛にいたっては、時代関係ない感情だとつくづく思う。
こう、たとえば、好きな人からの電話を待つとか……。思い当たんない? 
九十九パーセント待ってしまう気持ち。うう。


勇気があるとか、ないとかじゃなくって、
好きだから行動してしまう。何かしないではいられない。

かず子も、母の死をきっかけに、上原に会いに東京に出かけました。
しかーし、ニヒルな現実が。

六年ぶりに会う上原は、かず子の中で思い描いていたイメージを覆していたのです。
ずっと会えないでいたから、自分の中で、どんどん相手をかっこよく、素敵に、作り上げてしまったのね……。

がっかりしてショックを受けながらも、かず子は上原に抱かれます。
そして不思議なことに、抱かれながらかず子は、再び上原を愛おしく思うのです。

私のひと。私の虹。マイチャイルド。にくいひと。ずるいひと。
この世にまたとないくらいに、とても、とても美しい顔のように思われ、恋があらたによみがえってきたようで胸がときめき、
そのひとの髪を撫でながら、わたしのほうからキスをした。
かなしい、かなしい恋の成就。


そしてかず子は、上原の子を妊娠。
上原と一緒に暮らせるわけじゃないけれど、妊娠して、かず子は満たされた気持ちになります。

☆☆☆

かず子は、気持ちだけで動いて、ここまで来たみたい。
他の人から見たら、全然幸せな人生じゃないないかもしれないけど、
かず子はそれで幸せなのです。

「私のいまの幸福感は、飽和点よ。
くしゃみが出るくらい幸福だわ」


世の中には、「こうやったほうがトクだから」とか……、
打算で動くことってあるじゃない。

だけど、やっぱり、感情で行動したいなぁって思う。
強い感情って、全ての原動力だと思うから。
幸せになれるとは限らなくても、気持ちに正直に生きれば、きっと後悔はない。

文学作品の感想としてはきっとめちゃめちゃだけど、まぁいいとしましょう。
(直治のことは、また機会があったら語ります。長くなるー。)
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/43-63a3bac1
銀の鍵(角田光代)| HOME | 八月の路上に捨てる(伊藤たかみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。