読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
七つの死者の囁き(アンソロジー)
七つの死者の囁き (新潮文庫)
有栖川 有栖 石田 衣良 鈴木 光司 小路 幸也 吉来 駿作 道尾 秀介 恒川 光太郎
新潮社
売り上げランキング: 91275
おすすめ度の平均: 5.0
5 お得感満載の短編集
5 いろいろと楽しめるお得な一冊
5 1粒で7度おいしい
4 死者と生者の声
5 「流れ星のつくり方」――《真備》シリーズの短編



ホラー短篇集。
この作者のラインナップのなかで、
石田衣良さんだけ浮いているような気がするのは気のせいでしょう(笑)。


鈴木光司さん、やっぱりホラーうまいですね。
ぞっとしました。

小路幸也さんの「最後から二番目の恋」バクの話でした。
(気に入ったのでリライブ読みます!)


その中の、お父さんについての言葉で、ちょっといいセリフがあったので抜粋。

「ちゃんと働いて、ちゃんと真理恵を育ててきた。そういうことをきちんとできるってことがあたりまえなんだけど、
普通だからつまらなく見えるかもしれないけど、普通にあたりまえのことができるのが、いちばん大切なんだよ」(本文より)


父の日になんかあげようと思いました(笑)。



おすすめ度
☆☆☆☆
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [アンソロジー]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/236-9d3fab96
SOSの猿(伊坂幸太郎)| HOME | 容疑者Xの献身(東野圭吾)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。