読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
月魚(三浦しをん)
月魚 (角川文庫)
月魚 (角川文庫)
posted with amazlet at 09.03.19
三浦 しをん
角川書店
売り上げランキング: 63304
おすすめ度の平均: 4.0
3 安易なノスタルジック
5 耽美かと。
4 2人の静かなそして濃密な友情
5 癒されました。
5 面白く読みました。




古書店をめぐるお話。
本を愛する人たちの話で面白かった。


瀬名垣は、幼い頃、この世に一冊しかないという幻の本「獄記」を発見する。
それは古書店「無窮堂」の二代目が、捨てようとしていた本の束の中に在った。
もてはやされる瀬名垣に、プライドを傷つけられた二代目は、家を捨てて姿を消す。


「傷が傷として残っても、それでもいいと態度で示してくれる人がいます。
それはやがて傷ではなく、私の、私だけの模様になるのだ、と……
だから、この機会が最後になるだろうし、聞くのです。
どうして私とおじいさんを捨てたんですか?」(本文より)



わたしも自分に才能がないと思っているので(色々な面において)、
二代目の気持ちは分かる気がした。

二代目の息子、真志喜と瀬名垣が、いじょうに仲良し(BL?)
なのが気になるところではありましたが……。

そうそう、
この本の中に「本を愛するひとは所有欲が強いんだそうだ」という言葉があって、
あーと思った。
わたしもそう思う……。



おすすめ度
☆☆☆
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:2   トラバはこちら♪:2   [三浦しをん]
こんにちは。
この作品は一昨年に読みました。
タイトルのとおり、月に照らされた魚のような、どことなく神秘的な雰囲気があるなと思いました。

真志喜と瀬名垣がいじょうに仲良しなのは、私も気になりました。
ちょっとこの部分は苦手意識を持ちました^^;
TB送らせて頂きます♪
by: はまかぜ | 2009.03.21 13:24 | URL | edit
☆はまかぜさん

ほんと、タイトルも表紙も、キレイな雰囲気ですもんね♪
はまかぜさんの感想、いつもよくまとまっていて感心しちゃいます。
こちらからもTB送ります~!
by: はるみん | 2009.03.21 17:58 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/206-51d9d8c7
「月魚」

今日はかなり暑かったです{/namida/} 今年初めてTシャツ1枚で過ごしました。 そんな中、喫茶店で読んだのが「月魚」(著:三浦しをん)です。 -----内容----- 古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。 二人は幼い頃から、密かな罪の意...

読書日和  2009.03.21 13:16
月魚 三浦しをん

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。 二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた。 ...

粋な提案  2009.08.01 15:25
草祭(恒川光太郎)| HOME | 30代いいオンナへの道(益田ミリ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。