読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
夜離れ(乃南アサ)
夜離(よが)れ (新潮文庫)
乃南 アサ
新潮社
売り上げランキング: 255059
おすすめ度の平均: 3.5
4 女の怖さのオムニバス
3 女性は怖い・・・。



主人公の女性たちは、一見ふつう。
でもどこかに狂気を孕んでいる。

例えば、親友の結婚式のスピーチで「ご法度」なことを言う女性。
急に綺麗になった同僚に嫉妬し、その髪の毛に火をつけてしまう女性。

怖い。
それはありえない怖さではなく、私たちの日常に「ありえる」という怖さだ。

そして、
もしかしたら自分も加害者となりうるかもしれない、という怖さ。
読みながら彼女達の気持ちが分かってしまうのだ。


「――自分の運命から逃げてはいけないわ。
目を背けずに、真っ直ぐに歩くべきだわ。

あなたが、愛の歌を歌えなくなったのは、あなた自身が、私の愛を受け入れる心、
その喜びを素直に表現しようとする心を、自分の中から締め出そうとしているからです。

焦らないで、よく考えて。あなたが今、何をすべきなのかー―」(本文より)



乃南さんは、女性に支持されている作家さんだと思う。
男性は、ただ怖がったらよいのだと思います。



おすすめ度
☆☆☆☆
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:2   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
これは、率直に怖いなと思いました。
髪の毛に火をつけるなんて、怖すぎです。
日常でも起こるかも知れないところが、何とも恐ろしい気がします。
女性は怖いですね…
by: はまかぜ | 2008.09.17 19:50 | URL | edit
そうです、女性は怖いのですよ(笑)。

乃南さんの本は、心理描写がリアルなのですよー。
短篇も長編もうまく書ける作家さんだと思います。
by: はるみん | 2008.09.17 22:08 | URL | edit












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/162-1ba4b173
噂(荻原浩)| HOME | 空を見上げる古い歌を口ずさむ(小路 幸也 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。