読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
危険な童話(阿刀田 高 )
危険な童話 (新潮文庫)
阿刀田 高
新潮社
売り上げランキング: 577247
おすすめ度の平均: 4.0
4 ぞっとする。



面白怖い、なんだか不思議でちょっぴりエロい。
10の短篇が収められています。

収録の「法則性のある死体たち」は、
一日のうちに、
金魚、蛙、ヘビ、猫、と死体を目にしてしまう男の話。

「次は人間だ!」とおびえる主人公。
しかし、次はサルでした(笑)。

そして、サルの次こそ人間……?
よもや、自分の妻子では?


阿刀田さんは、こんな「わけのわからない恐怖」を書くのがとても巧い。

どれも短いお話だから、
息をとめてバーッて読んで、
読み終わってから、フーッて呼吸する。
このフーッが気持ちよくって、あっと言う間に読み終えてしまうのでした。
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/120-6f753759
クローズド・ノート| HOME | プチ速読
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。