読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
七つの怖い扉
七つの怖い扉 (新潮文庫)
阿刀田 高 高橋 克彦 小池 真理子 乃南 アサ 鈴木 光司 宮部 みゆき 夢枕 獏
新潮社
売り上げランキング: 55884
おすすめ度の平均: 4.0
5 『扉』の物語!
4 気軽に読めたけど
3 阿刀田流石!
4 面白かった!
3 七つもいらない



七人の作者による、七つの怖いお話。
「怖い」とタイトルに入っているとおり、
どのお話も雰囲気があって怖いです……!

小説って、映像より絶対怖いと思うんですよね。
想像が豊かになる分。


とくに面白かったのは、阿刀田高さんのお話。
主人公が、いろんなことを忘れてしまうの……共感!(笑)


鈴木光司さんのお話では、かの有名な「貞子」出生の秘密が明かされます。
あの「リング」に続くお話なのです。
(別冊マーガレット連載中「君に届け!」に出てくる貞子ちゃんみたいには可愛くありません。)

リング、ずいぶん前に読んで、けっこう忘れちゃったのだけど、
読み返したくなって参りました♪
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/114-74656b52
求めない| HOME | 村上ソングズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。