読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
桜の森の満開の下
桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)
坂口 安吾
講談社
売り上げランキング: 11728
おすすめ度の平均: 4.5
5 人の首って。。
5 「二流の人」
5 正気では書けない
5 満開の桜がすべてを飲み込む
4 ダメ男好きな私



桜の季節でございます。
桜って、きれいなんだけど、なんか怖い……。
そんなふうに思ったことはございませんか?

坂口安吾の「桜の森の満開の下」を読んでから、
私はその思いをますます強くしました。

桜の下で、愛する女を殺した男は、「かなしみ」を知りました。
桜の下には、ほんとうは何が埋まっていたのか。
わたしには理解できない部分も多くて、
やっぱり、ちょっとミステリーです。


桜の森の満開の下の秘密は、誰も分かりません。
あるいは、「孤独」というものであったかもしれません。

なぜなら、男はもはや、孤独を怖れる必要がなかったからです。
彼自らが、孤独自体でありました。
(本文より)



スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]












管理者にだけ表示を許可する

http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/tb.php/111-7a877219
自選ショート・ミステリー| HOME | 頭のうちどころが悪かったクマの話(安東 みきえ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。