読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ編集部)
秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

メディアファクトリー
売り上げランキング: 24335
おすすめ度の平均: 4.5
4 対岸からみたら違って見える。それを表現するこの本はすごい
4 作家陣のラインナップがすばらしい
4 これはおもしろかった。
5 一つの物語を片側からみる
5 「君へ。」の続編と言えるかもしれません





豪華な作家陣に魅かれて購入。
吉田修一/森絵都/佐藤正午/有栖川有栖/小川洋子/篠田節子/唯川恵/堀江敏幸/北村薫/伊坂幸太郎/三浦しをん/阿部和重


ですよ~。

カセットテープのA面とB面、といった感じで、
ひとつの物語を、別の人の立場から追っています。
江國香織と辻仁成の「冷静と情熱の間」みたいな感じです。
ひとり5ページ程度で、あっという間に読めます。


私がいちばん面白かったのは
三浦しをんさんの話。
声にだして笑ってしまった。
時代劇にでながらして、彼女にどーやって愛を伝えるか、という話です。
ほのぼのラブラブでした。
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [アンソロジー]
羊男のクリスマス(村上春樹)
羊男のクリスマス (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
売り上げランキング: 66982
おすすめ度の平均: 4.0
4 羊男のクリスマス
5 かわいい絵本
4 村上と童話
4 ねじり気に入ってます
1 本当に好きならね。



クリスマス前に読もうかな、と再読。

へんてこなお話。

「聖羊祭日」にドーナツを食べた呪いを解くために、自ら穴をほり、
穴の中に落ちる羊男。
その穴の中でであったへんてこな人々。

最後は明るい感じです。
佐々木マキのイラストがとてもかわいい。
(でも「不思議な図書館」のほうがおっかなくて好み)

不思議な世界にトリップしたいときにぜひー。
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。