読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
すいかの匂い(江国香織)
すいかの匂い (新潮文庫)
江國 香織
新潮社
売り上げランキング: 41026
おすすめ度の平均: 4.0
4 11人の少女の夏の思い出
5 もう一度初めから読みたくなりました
2 んー
3 少女時代の、とりとめのない、でも忘れられない風景
5 少女のナイフ。


夏に読みたくて、再読。

女の子を書かせたら、江国さんの右に出る者はいないと思う。
彼女の書く女の子たちは、危うくて、すぐくずれてしまうお菓子みたい。
なのに、さわったらケガをするのは、きっと大人のほうなのだ。


これは、なんていうかもう、雰囲気を楽しむ本だと思う。


「どうして?」
「……どうしても」
 私たちはいろんな話ができる。きっととても気持ちがあう。
それを相手がわかっていないのがもどかしかった。(本文より)



おすすめ度
☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [江国香織]
スカイ・クロラ ナビゲーター
スカイ・クロラ ナビゲーター

日本テレビ放送網
売り上げランキング: 891
おすすめ度の平均: 5.0
5 映画を観る前に・・・



映画公開間近です!!

ってことで本屋で立ち読みしてきた♪

カンナミの飛行機、散香のペーパークラフトがおまけでくっついています。
作りたい……。

登場人物。
カンナミは、心の中で、「カンナミ」って思ってたので、
「ユーイチ」に統一されてるのが不思議な気もちでした。
カンナミユーヒチ……。
それから、ササクラさんが、思ったよりオッサンでした(笑)。
ササクラさん、みんなの母って書いてあった(笑)。


原作のけだるい雰囲気を映画で出せるのか。
原作のわかりにくさ(笑)をどう表現するか。

気になります。

☆☆☆☆

前に書いたメモ↓

スカイ・クロラ→http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/blog-entry-55.html

ナ・バ・テア /ダウン・ツ・ヘヴン /フリッタ・リンツ・ライフ→http://yukigahuttara.blog77.fc2.com/blog-entry-59.html
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [かわいい本]
人生練習帳
人生練習帳
人生練習帳
posted with amazlet at 08.07.29
齋藤 孝
草思社
売り上げランキング: 105914
おすすめ度の平均: 4.0
5 人生の予習
5 齊藤本のエッセンス
5 心に響きました
1 「名言集」にしたほうがよっぽどいいです。



斎藤孝さんは、
たくさんの本や音楽が、
人生の予習復習である、と定義づけています。

たとえば、現代人は詩を読まなくなったけど、その代わりにカラオケがある。

カラオケで詩を噛みしめて、
「あたしもいつかこんな恋愛をするんだぁ~」と予習したり、
「あったあった、こういうこと……」と復習したりする。

そうすることで、人生が豊かになるんだよ、と言うのです。


古今東西からたくさんの言葉を引用していて、ちょっとした名言集みたい。

巻末のあいうえお順索引では、
ケツメイシがゲーテと孔子にはさまれてしまっています(笑)。
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [自己啓発]
ダックスフントのワープ
ダックスフントのワープ (文春文庫)
藤原 伊織
文藝春秋
売り上げランキング: 69249
おすすめ度の平均: 4.0
5 不思議な透明感
3 ゆるーい感じ
4 心地よい諦観




「テロリストのパラソル」とはまた違う感じ!
ちょっと村上春樹っぽい?


おしゃまな10歳の女の子マリの、
特別家庭教師として、彼女の家に通う主人公。

主人公が話る(そーいえば名前出てこない)
ダックスフントのお話を軸に、マリと主人公をとりまく人々の物語も進んでいきます。


スケートボートに乗っていたダックスフントは、<邪悪の意思の地獄の砂漠>にワープしてしまう。

そこで、背中のネジで動くアンゴラうさぎと友達になったり、「邪鳥」に命を狙われたり、
「語る木」に試されたり、と冒険を繰り広げることになります。


「ねえ、だれだって良心的なところを持ってる。
さっき先生はそう言ったでしょ。

じゃあ<邪悪の意思の地獄の砂漠>は、新しいママのなかにないの。
おかしいじゃない。ひとりの人に両方ともあるなんて、おかしいじゃない」(本文より)



ほのぼのなのかと思いきや、案外シュール。
考えさせられるお話です。

  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
いにしえのラブレター/万葉恋歌
いにしえからのラブレター (ブルーム・ブックス)
ryo 雨月 衣
ソニーマガジンズ
売り上げランキング: 374711
おすすめ度の平均: 4.5
5 "いにしえからの"
4 素敵です☆
5 こういう本が欲しかった



万葉恋歌 Love Songs from the Man’yoshu
宮田 雅之 大岡 信
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 280660




万葉のころ、千二百年前の人たちも、わたしたちとおんなじように、
恋をしていた!

つーことで、ステキな本を二冊紹介。

「いにしえからのラブレター」は、ちょっと若向けかな。
RYOさんの現代訳が、ちょっと少女小説というか、詩っぽい。


例えば

朝寝髪 我は梳らじ 愛しき 君が手枕 触れてしものを(詠み人知らず)
(あさねがみ われはけづらじ うるわしき きみがたまくら ふれてしものを)


目が覚めたら髪の毛ボサボサなの
でもいいんだ 今日はこのままで

昨夜大好きなあなたに優しく抱かれて撫でられた髪だから



って感じ! うきゃ~。

雨月衣さんのイラスト(?)が千代紙みたいで、
眺めているだけでも可愛らしいです。
女の子におすすめ本!




「万葉恋歌」のほうは、
イラストも切り絵で、大人っぽい雰囲気があります。
解説も丁寧。

英訳も載っていて、カッコイイです!

  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [詩集・短歌集]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。