読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
表現したい人のためのマンガ入門
表現したい人のためのマンガ入門 (講談社現代新書)
しりあがり 寿
講談社
売り上げランキング: 48888
おすすめ度の平均: 4.0
4 クリエイターとして食っていきたい人に
4 マンガ論
4 マンガ入門
3 キリンビール出身の漫画家
5 新商品企画開発の参考書として



雑誌「日経ウーマン」で紹介されてて、読んだ。

マンガ家、しりあがり寿さん。

ananとかSPAとか公募ガイドとかで、よく挿絵を描かれてるし、
お名前にインパクトがあって、
知ってるといえば知っていたのだけど、
わたしは、彼の作品をちゃんと読んだことがなかったのでした。

この本は、彼のファンが読んだほうが、そりゃあ面白いと思う。
「このマンガは、こんな気持ちで書いた」
みたいな、ネタばれの要素も多数ある。
でも知んなくてもじゅうぶん読めた。

というのは、この本は、ビジネス書的な要素が強いからだ。

しりあがり寿さんは、元サラリーマン、
キリンビールで、13年間、広告マーケティングを担当していた。
だからなのか、彼はものを「見せる」ということが、よく分かっている。


マンガは「作品」であると同時に「商品」である、と彼は言う。


何かを作りたい、という気持ち=「ケダモノ」と、
そのケダモノを調教し、マネジメントして売り出す=「調教師」、
このふたつがあることが、「売れる」ことにつながるというのだ。

そして、ケダモノを育てるには、たくさんのよい作品と出会うこと。


しりあがり寿さんの、深い洞察力は、
わたしの中のケダモノも刺激してくれたかな。
わたしもエサを欲しているから。
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [自己啓発]
イン・ザ・プール(奥田 英朗 )
イン・ザ・プール (文春文庫)
奥田 英朗
文藝春秋
売り上げランキング: 397
おすすめ度の平均: 4.5
3 空中ブランコからすぐ読んでみた
5 現実にこんな医者がいたらどうなるんでしょうね・・・(笑)
3 型破りだけれど本質を突いている
4 予断(よだん)大敵!
4 息抜きに



「空中ブランコからすぐ読んでみた!」
アマゾンレビューといっしょです。

はちゃめちゃ精神科医、伊良部シリーズの第一弾。
読んでみて、伊良部がマザコンでロリコンだということが、あらたに分かりました(苦笑)。
看護婦マユミちゃんも、いい味だしてます。

収録のなかでとくに興味をひいたのは、「フレンズ」というお話。
ケータイ中毒症の高校生が患者さんです。

彼は、一日に200~300件メールをしているの。
ケータイを手放すと、もう不安で不安で仕方がなくって、
しまいには、手が震えてくる。

ケータイをいじっている間、友達とつながっている、と感じている……。



そういえば、私のまわりにもそういう人いるかも。
元上司なんだけどね(笑)、

ケータイの登録件数にやたらこだわってて、
「よっしゃー、500件突破!」とか大声で言ってた。
私はいつもばかみたいと思ってた。

人脈広げんのはいいけど、
それってそんなに大切か??
500人の中に、あなたが死んだとき泣く人は何人いるというのだ??



さいきん、「ミクシィ依存症」という言葉を耳にするようになりました。

http://www.j-cast.com/2006/06/26001898.html

http://news.livedoor.com/article/detail/2130193/?rd

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0408/31/news049.html

誰かといないと孤独で不安で、それを隠したくて(あるいは認めたくなくて)
明るく振舞っている人々。


「友達なんて、いないよ」と明るく言いきる、
伊良部(と看護婦マユミちゃん)は、ちょっとかっこいい存在です。
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:1   [その他小説]
空中ブランコ(奥田 英朗 )
空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)
奥田 英朗
文藝春秋
売り上げランキング: 392
おすすめ度の平均: 4.5
5 ドランクドラゴンの塚地でドラマ化を!
5 一種の癒し本
4 ベストセラーに納得
4 はちゃめちゃ伊良部
5 面白い、独特の世界観



患者さんに、「いらっしゃーい」と高らかに声をかける。

精神科医の伊良部は、
風貌は中年のカバ、
中身は常識ハズレの子供である。

しかし、そこは精神科、さまざまな人が訪れる。

飛べないサーカス団員、
先端恐怖症のヤクザ、
イップスのプロ野球選手、
義父のズラをはずしたくてたまらない医者(これも一種の強迫症!)などなど。


伊良部になら、格好つけず本音が言える、と患者は言う。

伊良部はハチャメチャだけど、
伊良部の発言、行動は斬新で
なんだかんだと彼につきあっているうち、
少しだけ心が軽くなるからだ。


最後には、読者である私たちのことも、晴れやかな気持ちに導いてくれる。


……まぁ、肩肘はらず、楽しんで読めます。
直木賞受賞作でございます。

  コメントをどうぞ♪:2   トラバはこちら♪:2   [その他小説]
求めない
『求めない』 加島祥造
加島 祥造
小学館
売り上げランキング: 3241
おすすめ度の平均: 4.0
5 求めない
3 疲れている人にはgood!
5 ニュートラルな状態に立ち返れる
5 読んだ瞬間、心がすーっと軽くなりました
5 自分のために





求めない―
すると
いま自分にあるものが素晴らしく思えてくる

求めない―
すると
もっと大切なものが見えてくる
それは
すでに持っているもののなかにある
(本文より)






今、とても売れてる詩集らしい。
本屋にも平積み。図書館でも目立つところにおいてあった。
と思ったら、うちにもおいてあった(笑)。
姉ちゃんが買ったらしい。

作者は、白いおひげの、仙人みたいなおじいちゃん。

仙人……。
うまいこと言った! 私。
ほんとに仙人みたい。

「求めない」
なんて人間ができること? 
わたしにはどうも無理っぽい。

わたしにも、いつか、白いひげがはえたら、
そう思えるようになるんだろうか。いつか。


突然ハナシ変るけど、

野球とか、サッカーの野次って、わたしダイッキライなの。
ムカツク。
じゃあ、アンタにそんなプレイできんのかって思っちゃう。
自分にできないこと人に求めるんじゃないっつーの!

ってずっと思ってたことがあって、
あ、「求めない」……。


「求めない」ことを「求める」。ン?


ひとつのことを、バカみたいに考える。
答えがでなくても。

それは、(私にとって)とても大事なことと思うので、
「求めること」と「求めないこと」に、
もうちょっと向き合ってみたいと思ってます。


  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [詩集・短歌集]
七つの怖い扉
七つの怖い扉 (新潮文庫)
阿刀田 高 高橋 克彦 小池 真理子 乃南 アサ 鈴木 光司 宮部 みゆき 夢枕 獏
新潮社
売り上げランキング: 55884
おすすめ度の平均: 4.0
5 『扉』の物語!
4 気軽に読めたけど
3 阿刀田流石!
4 面白かった!
3 七つもいらない



七人の作者による、七つの怖いお話。
「怖い」とタイトルに入っているとおり、
どのお話も雰囲気があって怖いです……!

小説って、映像より絶対怖いと思うんですよね。
想像が豊かになる分。


とくに面白かったのは、阿刀田高さんのお話。
主人公が、いろんなことを忘れてしまうの……共感!(笑)


鈴木光司さんのお話では、かの有名な「貞子」出生の秘密が明かされます。
あの「リング」に続くお話なのです。
(別冊マーガレット連載中「君に届け!」に出てくる貞子ちゃんみたいには可愛くありません。)

リング、ずいぶん前に読んで、けっこう忘れちゃったのだけど、
読み返したくなって参りました♪
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。