読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
包帯クラブ(天童荒太)
包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)
天童 荒太
筑摩書房 (2006/02/07)
売り上げランキング: 42406
おすすめ度の平均: 4.5
5 映画→小説の順が○
4 切ないけど、スカッとした物語。
5 誰もが伝えて欲しいもの



マンガとか映画にもなってたんだね、コレ。

この小説に出てくる、ディノという少年の生き様、好きです。

ディノは、雪の降る校庭を、パンツ一丁で走ったり、
購買のパンを買い占めたり、
泥水で作ったお茶をクラスメイトに飲ませようとしたり、
爆竹の入ったテントに寝転んでヤケドしてみたりと、
はたから見たらめちゃくちゃな奴です。

「けどさ、ある場所では、確実にそういう体験をしている子がいる。
実際どんな感じか、一億分の一でも、わかることができないかって思ったんだ。」


誰もディノのそんな理由を聞こうともせず、
ただ変な奴だと認識する。学校も停学になる。
あーあ、って感じです。

考えるべきことを考えないで、ごまかそうとすることを、
ディノは「精神の怠慢だ」と一喝します。
答えはでなくても、考えまくることによって、自分になるのだと私も思う。


ところで、「包帯クラブ」とは、他人の心の傷を聞き、傷ついた思い出の場所に包帯を巻いて、
治療しようというクラブのことです。

「一億分の一でもわかることができないかって思ったんだ」
というディノの言葉どおり、
この小説は、「分かってあげること、分かろうと努力すること」に、
すごく重きを置いていると思いました。

人の心の傷なんて、ほんとうはその人にしか分からないけれど、
「分かってくれる」人がいることで、
人は安心するのかもしれません。

カウンセリングとかに興味がある方には、
読んでみるとまた発見があるかも? と思います。
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
片眼の猿(道尾秀介)
片眼の猿 One‐eyed monkeys
道尾 秀介
新潮社 (2007/02/24)
売り上げランキング: 89592
おすすめ度の平均: 3.5
3 煽り方が大袈裟。
5 純粋に楽しみましょう
2 う~ん



ある、と思ってたものがなかったり、
大きいと思っていたものが小さかったり、
自分の中で作られるイメージってあるもの。

でも、その「イメージ」が、「真実」だとは限らない。
思い込む、ということについて、改めて考えさせられました。


「俺はきみに言いたいんだ。
きみの持ってる劣等感は、単なる思い込みなんだって。
きみのどこかに欠点があるとすれば、それは自尊心を持たずに生きていることなんだって」
(本文より)


訴えたいメッセージがダイレクトな言葉で伝わってきた感じ。
道尾さん、こんな文章も書くんだなぁーと思いました。


おすすめ度
☆☆☆☆

  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [道尾秀介]
鏡の法則
コミック 鏡の法則 +幸せを引き寄せる18のメッセージ
野口 嘉則 竹沢 宵子
総合法令出版 (2007/07/10)
売り上げランキング: 2024
おすすめ度の平均: 4.5
5 更に鏡の法則を理解できる
5 思わず立ち読みしてしまった(漫画パート)。それくらい読み易い。
3 私の悩みは解決しそうにありません




自分の人生は、自分の考えを、鏡のように映し出したものである。
それが鏡の法則。
人を責めると自分が責められ、人を許すと許される。

と、まぁそんな感じのお話です。
一冊の半分は漫画、あとの半分はQ&Aとか。


オビには「読んだ人の9割が涙した!」とあり、
サブタイトルは「幸せを引き寄せる18のメッセージ」とある。

姉が購入したので、読みましたが……、

苦手なのよねー、こういうあおり。

「あたしって天然な人だからぁ~」と自分で言っちゃう人に対するのと似たような違和感を感じてしまう。
それに9割の人が泣いたんなら、
泣かなくちゃ私が冷たい心無い人間みたいじゃないか!
泣くか泣かないかくらい、わたしの勝手でしょ~。

でもまーあおり文は、著者がおんみずから作ったわけじゃないと思うので許します(えらそう)。


そうそう、「鏡の法則」は「許す」ということがポイントでした。
嫌いな人、許せない人を許す……、
そうすれば、自分も許され、豊かな心になれるというのです。
ちょっとキリスト教っぽい。(私は宗教くわしいわけではないが。)

けっきょく、宗教のように「信じて実行すること」が大切なのではないかと思いつつ。
こういう法則もあるのだと、心にとどめておきましょう。
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [自己啓発]
ソロモンの犬(道尾秀介)
ソロモンの犬
ソロモンの犬
posted with amazlet at 09.11.01
道尾 秀介
文藝春秋
売り上げランキング: 102409
おすすめ度の平均: 3.5
3 淡々と進む印象。
4 意外な結末おもしろかった
4 ミステリとしては不満が残るが好きな作品
1 とても薄い話
3 ソロモンの犬



「向日葵の咲かない夏」ほどメチャクチャではないですが(笑)、
ラスト4分の1くらいから、またとんでもない展開です。


どうでもいいようなことを、さも思わせぶりに書いておいて、
重大なヒントは、こっそりとしのばせておく。
数々のトラップを物語の随所にしかけ、
読者がそれにひっかかるのを見て、楽しんでいるような感じです。

くやしいのが楽しい。どくしょ……。

それから、動物の生態やらについて、
とても詳しく書かれていて、勉強になります。
うちの犬にも何か芸をしこみたくなります(笑)。
  コメントをどうぞ♪:1   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。