読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
伊坂 幸太郎
東京創元社
売り上げランキング: 697
おすすめ度の平均: 4.0
5 キレがあって、ストーリーがいい
5 おもしろかった
5 政治家が間違っている時、その世界の正しいことはすべて誤っている
2 重苦しすぎる
5 思い邪なし



だいすきな伊坂さんの、だいすきな作品!

映画公開されましたね。
うーん。見たい~。

小説ならではの鮮やかな手法で、映像化は不可能だと思ったのに
まさかの映画化で驚いております。

小説は、ネタばれ厳禁な気がするのでくわしくは触れませんが。
伊坂作品は、ただの謎解きではなくって、
根本に流れているものが、すごくまっとうで、血が通っている感じがして好きです。
しつこいくらい仙台が舞台なところもいい。(笑)



すごくマジメでどうぶつが好きで、
(伊坂さんが動物虐待をどんなに真摯にとらえているかということは、「陽気なギャング」シリーズを読んでも明らかなこと!)
頭がよく、やさしく強いお方だと勝手に思っているの、伊坂さん。
こういう人が学校の先生だったら素敵だろう。
褒めすぎか。
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:2   トラバはこちら♪:2   [その他小説]
絵本から生まれたおいしいレシピ
e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ3』
きむら かよ 晶子 アコ
宝島社 (2006/01/28)
売り上げランキング: 61774
おすすめ度の平均: 4.0
4 誕生日のケーキ、ラッピング、演出の手助けに
2 う~ん・・・・・
5 絵本のおかしには夢がありますね!



うーん、かわいい。
うーん、うまそう。

お菓子は見た目!
お菓子はアイディア!
お菓子は愛!

かわいいことが何よりも重要だと思った。
作る気がないので、レシピとしてわかりやすいかどうかはよく分からん。誰か作ってくれ。
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [かわいい本]
背の眼/道尾秀介
背の眼
背の眼
posted with amazlet at 09.08.16
道尾 秀介
幻冬舎
売り上げランキング: 386620
おすすめ度の平均: 3.5
4 ホラーと言うよりはミステリー。
4 誰かに見られてる?
3 雰囲気は最高の作品
3 超常現象を巧みに組み込んだ“本格ミステリー”
4 面白いホラー



「レエ オグロアラダ ロゴ……」
福島の田舎町を観光した際、不気味な声を聞いた主人公道尾は、「霊現象探求所」の友人、真備を尋ねる。
一体「霊」は存在するのか?!


道尾作品、読んだの2冊めです。
やっぱりおもしろい。ほれました~。きゃー。

主人公道尾は(自分モデルなんでしょうけれど)
なんていうか、けっこうヘタレキャラです。
これと言って取りえもないけど、温かみがあって、好感が持てます。
その友人、真備は、相当アタマのキレる人物です。
なんでも知っているし覚えている天才肌。
それから真備の助手の凛も、女の子らしくてカワイイ感じです。
この三人のバランスがよくて、シリーズ化したらいいのにな~と思いました。

この作品はホラーとミステリーの中間、みたいな……、感じですけど、
ただ面白おかしく、読者をあおって書いてるんじゃなくて、
厳密に「下調べ」して書かれてるなって感じがしました。
(変な言い方だけど。)

ヘエ! がいっぱい。
感心しました。ちょっとアタマよくなった気がしたよ……(笑)。

ちなみに私の地元、福島県が舞台ですけど、
「白峠村」も「愛染町」も実在しません。
「ふくしま新聞」も存在しません! あしからず。
  コメントをどうぞ♪:4   トラバはこちら♪:1   [その他小説]
暑さ対策
北極南極―森吉高写真集
森 吉高
東方出版 (2002/12)
売り上げランキング: 515048


6月だというのに毎日暑い。
あつい・あつい・あつい~。
そんなときは、涼しそうな写真を見るといい感じ!

北極・南極……、
一生行くことはないんだろうなぁ……。
だらーんと伸びて泳いでいるシロクマ、なんかキモチよさそう。


大好き! シロクマ・ピース
平野 敦子 高市 敦広
学研 (2005/07/19)
売り上げランキング: 24291
おすすめ度の平均: 5.0
5 ピースのママ
5 もうとにかく愛らしい



大人気のピースちゃん。
DVD付きでお得っぽい~。この本もほしい~。
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [かわいい本]
バッテリー/あさのあつこ
バッテリー
バッテリー
posted with amazlet on 07.06.12
あさの あつこ
角川書店 (2003/12)
売り上げランキング: 1873
おすすめ度の平均: 4.5
5 登場人物の個性が、実に生き生きと描かれているなあ
1 何がいいのかわかりません
5 巧君すげー!!



やっとこさ、読みました。
人気の「バッテリー」です!

はじめ、マンガでちょこっと読んだので、
どうしても頭の中で登場人物があの顔でしたー。
いいんだか悪いんだか……。

思ったより純文学っぽいな~というのが感想でした。(変?)
日本語美しいです。

そして、主人公の弟、青波がいい!
病弱で、感受性豊かな男の子。
すくすく育ってきたのですが、
野球がやりたくて、はじめてママに反抗します。

そして青波の才能(?)に嫉妬している主人公。(自覚はない)。
まるで、初潮を迎えたての女の子のようです(笑)。
些細なことでイライラしちゃう……。

何巻まで出てるの? これ。
6巻くらい?

少しずつ読破したいと思います。
(ちなみにマンガ版は、「おおきく振りかぶって」とよく比較されているようですね。おお振り、大好きなので、ちょっとタイトルだけ出してみました。)




  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。