読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
パレード(吉田修一)
パレード (幻冬舎文庫)
吉田 修一
幻冬舎
売り上げランキング: 2258
おすすめ度の平均: 4.5
4 下手なホラー作品より、よっぽど怖いです
5 ある意味で当たり前のテーマ
5 こわい話の意味。
3 びっくりした
5 良作




わたし、吉田修一さん、はじめて読んだのでした。
面白かったです!

東京のアパートで集団生活している、友達、のような男女4人。
そこに男娼をしているサトルが加わって……。

近すぎない、離れすぎない、微妙な距離感。
お互いの針で、相手を傷つけないようにしている、「ヤマアラシのジレンマ」みたい。

途中まで、
むしろ楽しく、なんとなく幸せなきぶんで読めるのですが、
最後の最後で、すうーっと恐さが……。

5人の男女によって語られるのですが、この順番も大事だったのかー、
うまいなぁーと思いました。




おすすめ度
☆☆☆☆
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
羊男のクリスマス(村上春樹)
羊男のクリスマス (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
売り上げランキング: 66982
おすすめ度の平均: 4.0
4 羊男のクリスマス
5 かわいい絵本
4 村上と童話
4 ねじり気に入ってます
1 本当に好きならね。



クリスマス前に読もうかな、と再読。

へんてこなお話。

「聖羊祭日」にドーナツを食べた呪いを解くために、自ら穴をほり、
穴の中に落ちる羊男。
その穴の中でであったへんてこな人々。

最後は明るい感じです。
佐々木マキのイラストがとてもかわいい。
(でも「不思議な図書館」のほうがおっかなくて好み)

不思議な世界にトリップしたいときにぜひー。
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
薬屋のタバサ(東直子)
薬屋のタバサ
薬屋のタバサ
posted with amazlet at 09.08.30
東 直子
新潮社
売り上げランキング: 151035
おすすめ度の平均: 4.0
4 語られる言葉に身をゆだねて読んでみる
3 濃縮な時間の流れる物語
5 恐れと癒やし紙一重の物語です


「ややこしくなった心と身体がほぐれる魔術的な恋愛小説」
とオビにあった。

半分ほど読み進んでも、いつまでも恋愛な展開にならないので、
アレー? と思いながら読みました(笑)。

小さな不思議な町に、導かれるように迷い込んだ主人公。
その町の薬局で、彼女はタバサとともに暮らすことになる。

薬局には様々な人が訪れる。
そしてタバサの作る不思議な薬……。

東直子さんは、歌人さんなせいか、言葉選びがすごくステキだった。タ
バサのお母さんが残した、なぞなぞメッセージも良い感じ。



「こわくても、いいのですよ。
こころには、次々にいろいろなものがあらわれては、消えてゆくのですから。
今は、こわくても、かまわないのですよ」(本文より)



やさしい本なんだけど、幻想的でちょっと怖かったり。
最後がよく分からなかったり??
しんきろうみたいな雰囲気の小説でした。



オススメ度
☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:1   [その他小説]
はじめての文学 川上弘美(川上弘美)
はじめての文学 川上弘美
川上 弘美
文藝春秋
売り上げランキング: 87326
おすすめ度の平均: 4.0
3 川上弘美ワールド
5 はじめての文学シリーズ




恋人が桜の木に住み着いたり、くまがしゃべったり、
人間が何百年も生きていたり、死んだ人が出てきたり、
何の生き物かよくわかんないのが主人公だったり、
突飛で不思議な空間。でも整っていて静かな雰囲気。

本の中で遊ぶ、というか……
本じゃなきゃできない、想像力の世界だと思った。
たいくつな日常に飽きたら、ぜひ。



小説は、自由です。
書きかたも、そして読みかたも。
それが、なにしろ嬉しいことなのだと思います。(本文あとがきより)
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
吉野北高校図書委員会(山本渚)

吉野北高校図書委員会 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
山本 渚
メディアファクトリー
売り上げランキング: 20181
おすすめ度の平均: 4.5
4 まっすぐで爽やかなライトノベルでしょう
5 堀北真希の解説も、本編同様にさわやか!
4 切ない、もどかしい、恥ずかしい、うれしい、懐かしい・・・感じでしょうか。



ダヴィンチ文学賞受賞作品。
青春の香りがします(笑)。


「お前、大地の前ではなんか、俺んちのハムスターみたいやもん。
せかせか、ちまちま、落ち着きないなーと思っとったら、
大地が何か喋るたびに、ぴたっと止まって、じぃっと小さーなって集中して聞いとるやろ。
そっくりや。うちのハム太郎も、姉ちゃんが来たらぴたっと止まるんじゃ。
あいつは姉ちゃんにしか懐かん」
「なんやそれ……」(本文より)




設定とかイマドキなんだけど、
どぎつくないし、変に狙ってない感じ……で、好感が持てました。
「つきあうって何?」みたいな……初々しい。
爽やか!
表紙もなんか爽やかだな(笑)。


今はかなわなくてもいいや。と思うことにしよう。
大好きな先輩みんなが私を大事にしてくれる。
そのことを一番に考えよう。そう思った。(本文より)
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [その他小説]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。