読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
モサ(山崎ナオコーラ&荒井良二)
モサ (ダ・ヴィンチブックス)
山崎ナオコーラ/荒井良二
メディアファクトリー
売り上げランキング: 171301
おすすめ度の平均: 4.0
2 見かけはとてもすてきな本なんだけど、ニートと反抗的は同じ?
5 この一冊はサイコーのプレゼントだ!
5 生きててよかった!





ナオコーラも好きなのだが、荒井良二さんラブなのです。
イラストが、表紙だけでなく、中身にもふんだんに使われていて嬉しい。
お話もかわいかった。ちょっと児童書っぽい(が、たぶんそれは見せかけ。)


モサは、カルガリ家の一族。
14歳でニート。
男なのに、世の中に反発してスカートをはいている。
大人になりかけな男の子だ。
以下、本文から引用。


・遠くから見るとモサの頭はハート形である。
目は、かんろあめ。歯は、はっかあめ。



・雲が形を変えていく。
モサは目をつむって「ドーナツ形になれ!」と念じてからパッと目を開けてみたが、
雲は相変わらず茫漠と流れているだけだった。
風に吹かれると簡単に形を変える雲だが、誰かが強く願ったところで、思い通りの形にならない。
それと同じように、モサの心だって、誰によっても、変わらない。



・肯定するよ、肯定するよ、肯定するよ。
すべてのものに、光を与えるよ。何もかもを温かくするよ。明るくするよ。
善も悪も区別しないよ。
だめな感情も、もう湧いてしまったんだから、受け入れる。
現時点で存在してしまっているものを、否定なんかして、どうするの?
太陽は、全部に光を届けるよ。
しっとも、いじわるも、なかったことにしないよ。
虫も、草も、カルガリも、生きとし生けるものは、みんな光を浴びなくちゃ。(本文より)





オススメ度
☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [山崎ナオコーラ]
長い終わりが始まる(山崎ナオコーラ)
長い終わりが始まる
長い終わりが始まる
posted with amazlet at 09.08.19
山崎 ナオコーラ
講談社
売り上げランキング: 231655
おすすめ度の平均: 3.0
3 ナオコーラの長い終わり
3 こういう女の子、いるよねえ
1 読んでいて腹が立ってしまう
5 痛さが新鮮
5 会話文にも妙がある




これは……面白い人には面白く、
面白くない人には面白くない文章なのかもしれない。

ナオコーラさんの文章は、物語の起承転結を楽しむ、ということより、
意志を伝える、ということに重きをおいてる気がする。


仲良しサークルの中で、なんか違うんだよーと孤立したり、
狭い世界のなかで、上下関係を感じたりと毎日もどかしかったり。
自分の好きな人は自分のことを好きじゃないのに、
お部屋についていってしまったり。せいしゅん……。

以下引用↓


・小笠原にはいつも、いい演奏をすることが愛情表現になるから、
演奏を頑張る、としか思えないのだった。


・先のことは考えずに、その都度その都度の風景に夢中になるのは当然だ。
自分のような人間は社会でそのうち潰れるのだから、マンドリンに夢中になって今のうちに死ねばいい。



・好きな人の声を聞いていると、内容にかかわらず眩暈がする。
甘く気が遠くなるような、軽くくすぐったいような、なんとも言えない愉悦感だ。
(本文より)




オススメ度
☆☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [山崎ナオコーラ]
浮世でランチ(山崎ナオコーラ)
浮世でランチ
浮世でランチ
posted with amazlet at 08.09.10
山崎 ナオコーラ
河出書房新社
売り上げランキング: 114124
おすすめ度の平均: 4.0
4 人との関わり
5 ディナーでもなくランチ・・・が大事かな。。。
4 シンパシー
4 沁みる。。。一冊。
3 結局すべてはあの頃なのよ。



「今すぐ、ニ十五歳になりたいわ」
「二十五歳になったら落ち着いているのかな」
「たぶん。義務教育も終わっているし、自由なんじゃないのかしら?」



十四歳の頃思いを馳せた、二十五歳の自分。
まったく想像がつかなかった、十一年後。


「どうして学校に行かなくちゃいけないの?」と反発した、あの頃とかわんない、
いやむしろ悪化してるんじゃないかという社会にいて。


会社は辞められるけど、この世界から出て行くことはできない。
腑に落ちないことだらけの世の中でも、ここでメシを食わねばならない。
ばかばかしい女性扱いを受けると、吐き気がする。
でも、私は人とコミュニケ-ションを取って、人を好きになっていくのだろう。
悩みながら、自分の考えを伝えるのだろう。(本文より)



なんというか……、
主人公のひねくれっぷりに、私の気持ちがついて行った。
「反骨反骨」と心の中で思う。

わざわざ生き難くすることもないだろうが、
何も考えないで、世論だとか周りの言うことを鵜呑みにして、
なんとなく従っていていて、それでいいのだろうか。
考えなくていいのなら、ロボットと同じ。

多分、どこにいても、カンペキに納得することはないだろう。
それでも、考えることはやめられないのだ。



おすすめ度
☆☆☆☆
反骨反骨
  コメントをどうぞ♪:2   トラバはこちら♪:0   [山崎ナオコーラ]
論理と感性は相反しない(山崎ナオコーラ)
論理と感性は相反しない
山崎 ナオコーラ
講談社
売り上げランキング: 73196
おすすめ度の平均: 3.0
4 待ってました反骨精神
3 うう~~ん・・・
2 箸休めですか?
3 小説として抜けきらないか・・・
1 生焼けのパンケーキのような。



こじゃれた構成で、センスあるなーと思った。
表紙もなんかおしゃれ。

わたしはどちらかといえば、本筋より、小話みたいなほうが好きだった。

「嘘系図」なんて、地球ができるところから書いている。
アメーバから人間までの、種の起源。(でもめちゃめちゃ。)


「私もいつか、石になる?」
「なるよ、なるよ」

さっき買ってもらったアンモナイトのケースを取り出し、蓋を開けた。
ケースの中には、脱脂綿が敷いてあり、その上に石化した巻貝が載っている。
それをつまみ上げた。
素早く口の中へ放った。
歯に当たってカチカチ鳴る。味はない。
くるくる巻きの溝を、舌先でなぞる。

私がいつか石になったら、誰か舐めてくれるの?(本文より)




おすすめ度
☆☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [山崎ナオコーラ]
カツラ美容室別室(山崎ナオコーラ)
カツラ美容室別室
カツラ美容室別室
posted with amazlet at 08.08.12
山崎 ナオコーラ
河出書房新社
売り上げランキング: 119811
おすすめ度の平均: 2.5
2 退屈でした
3 こういう本が一番レビューが書きにくい
1 なんでこれが・・・??
3 淡白すぎるかな
3 どうしたのかな?



コテコテのタイトル(ヅラじゃないカツラだ!)


エリちゃんと淳之介は、いい雰囲気になって、つきあうのかな? という感じなのですが、
結局それに至らず。

相手をちょっといいなぁと思ってみたり、めんどくさいと思ったりしつつ、
ずるずる友情が続いている、という感じです。

「愛」とか「友情」とか「感動」とかを物語に求める人には、いまいちかも。


ナオコーラさんは、言葉にセンスがあって、読んでいて気持ちがよい。
「疲れる女といるよりも、アパートで牛乳を温めるほうがいい」
とか、名言じゃなくって?



・「なんでこんなに『死ね』と思うんだろう。
自分でも持て余すくらいに、『死ね』と思ってしまうの。

人間は原始の頃からずっと、他人に対して『死ね』って思ってきたんだ。



・自分のことを自分で決めている人などない。
誰だって、優越感も劣等感も、他人との遣り取りの中でのみ覚えるはずだ。
(本文より)



おすすめ度
☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:2   トラバはこちら♪:1   [山崎ナオコーラ]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。