読書メモ、再開。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  [スポンサー広告]
七つの死者の囁き(アンソロジー)
七つの死者の囁き (新潮文庫)
有栖川 有栖 石田 衣良 鈴木 光司 小路 幸也 吉来 駿作 道尾 秀介 恒川 光太郎
新潮社
売り上げランキング: 91275
おすすめ度の平均: 5.0
5 お得感満載の短編集
5 いろいろと楽しめるお得な一冊
5 1粒で7度おいしい
4 死者と生者の声
5 「流れ星のつくり方」――《真備》シリーズの短編



ホラー短篇集。
この作者のラインナップのなかで、
石田衣良さんだけ浮いているような気がするのは気のせいでしょう(笑)。


鈴木光司さん、やっぱりホラーうまいですね。
ぞっとしました。

小路幸也さんの「最後から二番目の恋」バクの話でした。
(気に入ったのでリライブ読みます!)


その中の、お父さんについての言葉で、ちょっといいセリフがあったので抜粋。

「ちゃんと働いて、ちゃんと真理恵を育ててきた。そういうことをきちんとできるってことがあたりまえなんだけど、
普通だからつまらなく見えるかもしれないけど、普通にあたりまえのことができるのが、いちばん大切なんだよ」(本文より)


父の日になんかあげようと思いました(笑)。



おすすめ度
☆☆☆☆
スポンサーサイト
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [アンソロジー]
秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ編集部)
秘密。―私と私のあいだの十二話 (ダ・ヴィンチ・ブックス)

メディアファクトリー
売り上げランキング: 24335
おすすめ度の平均: 4.5
4 対岸からみたら違って見える。それを表現するこの本はすごい
4 作家陣のラインナップがすばらしい
4 これはおもしろかった。
5 一つの物語を片側からみる
5 「君へ。」の続編と言えるかもしれません





豪華な作家陣に魅かれて購入。
吉田修一/森絵都/佐藤正午/有栖川有栖/小川洋子/篠田節子/唯川恵/堀江敏幸/北村薫/伊坂幸太郎/三浦しをん/阿部和重


ですよ~。

カセットテープのA面とB面、といった感じで、
ひとつの物語を、別の人の立場から追っています。
江國香織と辻仁成の「冷静と情熱の間」みたいな感じです。
ひとり5ページ程度で、あっという間に読めます。


私がいちばん面白かったのは
三浦しをんさんの話。
声にだして笑ってしまった。
時代劇にでながらして、彼女にどーやって愛を伝えるか、という話です。
ほのぼのラブラブでした。
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [アンソロジー]
眠れなくなる夢十夜(アンソロジー)
眠れなくなる夢十夜 (新潮文庫)

新潮社
売り上げランキング: 241687
おすすめ度の平均: 2.0
3 仕方がないので☆3つ
1 買って損をしました。



夏目漱石の「夢十夜」のパロディです。
10人の作家さんが、一話ずつ書いて、10話ぶん。
漱石と同じく、「こんな夢をみた」ですべての物語がはじまります。


阿刀田高さんのは、漱石っぽく、幻想的。
あさのあつこさん、バッテリーのイメージあったけど、全然違う、怖い。
荻原浩さん、現実にありそうなおそろしさ。世にも奇妙な物語っぽい。
道尾秀介さんの話は、らしいようならしくないような。
小路幸也さんの話は、いちばん気に入ったかも。
過去のある時点にもどって、人生をやりなおすという話だった。



そんなかんじの、夢見るような小説集です(笑)


オススメ度
☆☆☆☆



  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [アンソロジー]
female(アンソロジー)
female(フィーメイル) (新潮文庫)
小池 真理子 唯川 恵 室井 佑月 姫野 カオルコ 乃南 アサ
新潮社
売り上げランキング: 298311
おすすめ度の平均: 3.0
4 官能小説
4 室井がダントツ
3 ウルトラライト
4 映像を意識した書き下ろし
1 がっくり・・・。


小池真理子、唯川恵、室井佑月、姫野カオルコ、乃南アサ。
今をときめく5人の女流作家による官能小説のアンソロジー。

官能小説って、あんまり読んだことないんですけど。
このメンバーの豪華さは……と思って手にとった。

期待したのは、乃南さん。ホラーのイメージが強いので、
どういうふうに絡めるのかなーって思ってた。

読んで、やっぱりすごいと思ったのは、姫野カオルコさん。

これは32歳の主人公が、14歳の頃を回想する話だ。
迫力があって面白かった。


開けた人は指で私のまぶたを閉じさせる。胸がせいいっぱいになる。
まぶたの裏がうれしくて濡れる。

うれしくてたのしいとことばに出してしまえば、今は壊れる。
だからいやらしくしなければならない。いやらしいだけのおこないにしなければならない。
でないと、壊れる。(本文より)




おすすめ度
☆☆☆
  コメントをどうぞ♪:0   トラバはこちら♪:0   [アンソロジー]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。